リスクの要因と回避法

注射器

重要なポイント

ボトックス注射はエラやシワの改善や部分痩せ、多汗症などに手軽且つリーズナブルで比較的副作用のリスクが少ない治療法として、人気があります。ボトックス注射による治療の当日の流れとしては、まずはボトックスは溶液の量が過多の場合様々な副作用のリスクに繋がる為、医師によるカウンセリングと身体の状態のチェックが行われます。カウンセリングや身体の状態のチェック、施術内容の説明が済むと同意書に署名捺印を行い、実際に治療開始となります。その際治療を受ける人が未成年者の場合には、親の同意書ないしは親の同伴が必要となるので踏まえておかなければいけません。1回あたりの所要時間は10分以内で終了するのが一般的ですが、治療には非常に細い注射針を使用し、麻酔クリームなどを用いて痛みの軽減を図るのが一般的ですが、溶液の種類によっては痛みが出やすいものもあります。治療が終われば費用の支払いとなりますが、現金かカードが必要となりますので準備が必要なのは言うまでもありません。治療当日から基本的に普通に生活できますが、激しい運動や飲酒、注射部位の激しいマッサージなどを行った場合には、副作用のリスクが高まりますので医師の指示に従う事が重要となります。ボトックス注射による治療で副作用の症状が現れる要因として挙げられるのは、主に次の2点があります。まず一つはボトックスの溶液の量が過多の場合と、もう一つは治療当日の激しい運動や飲酒、注射した部位の激しいマッサージがあります。ボトックスの溶液が過多の場合起こる副作用の症状としては、注射部位の局所性筋力低下や脱力感などがあり、最も多い副作用の症状でもあります。局所性筋力低下や脱力感の症状は、溶液の効果が薄れてくれば改善される一時的なもので(それだけに溶液の量の設定が重要となります。激しい運動や飲酒などによって考えられる副作用のリスクとしては、血流が良くなりすぎて内出血や腫れ赤みなどの症状が現れるケースがあります。激しいマッサージも運動や飲酒と同様のリスクに注意が必要ですが、加えて溶液が広範囲に広がってしまい十分な効果が得られない可能性にも、注意が必要となります。また、ボトックス注射の治療部位によっては、呼吸困難や嚥下障害などのリスクもありますので注意が必要となります。いずれの副作用も治療を行う医師の経験や技術、治療を受ける人が医師の指示に従う事で殆どが回避できる症状なので、何よりも第一に信頼の出来るクリニック選びが必要不可欠です。

Copyright© 2018 魅力的な美容治療【ボトックスは副作用や危険性が極めて少ない】 All Rights Reserved.