痛みが生じることもある

医者と看護師

腫れることもある

美容整形で人気のボトックス施術は美容成分を注入するだけなので、比較的とても楽な施術法の一つです。それが魅力的に感じられる人も多いことでしょう。ただ注入をするだけなら痛みも感じることなく、副作用も生じることがないと思われがちです。ところが、人によっては痛みを感じたり、施術後に副作用が生じたりすることもあります。ただし、これは人によって異なるので誰もが生じるというわけではありません。ほとんどの人が問題なく施術を終えることができます。初めてボトックス施術を受ける人は、念のため、どんな副作用が生じることがあるのか調べておきましょう。その方が施術後の不安もないはずです。最も起こりやすいと言われているのは注入時の痛みです。これは注射器のようなもので美容成分を注入することから生じます。予防注射をする時にチックッとした痛みを感じることがありますが、そのような痛みと同じ程度です。注射が得意な人ならこの程度の痛みは痛みに入らないと感じる人も居ることでしょう。逆に、注射が元々苦手な人にとってはチクッとした痛みでも苦痛に感じるかもしれません。注入した時だけしか生じないので、施術が終わればだんだんと痛みも和らいでくるはずです。よって、痛みに弱い人はその点を覚悟しておいた方がいいかもしれません。ボトックス施術そのものはとても簡単で、数分で終わります。もちろん日帰りで行えるので、日常生活にも支障が出ることはありません。慣れている人はお子さんが学校へ行っている時間帯を利用して手軽に施術を受けることもあります。会社勤めの人なら、仕事帰りにクリニックに立ち寄って施術を受けることも可能です。ただし、場合によっては副作用が生じることもあります。施術後に生じることがあるので、この点は念頭に置いておきましょう。状態によっては見栄えに関わることもあるので、人前に出たくないと感じる人も居るかもしれません。整形をしたことを誰にも知られたくないという人は、施術後に休暇を取っておいた方が無難です。ボトックス施術後に生じてしまう副作用の一つとして挙げられるのは、患部の腫れです。シワ取りや小顔効果を期待して顔に注入した場合、頬の辺りが腫れてしまうことがあります。かえって顔が大きくなってしまうこともあるでしょう。パッと見ただけでも顔が腫れていると分かってしまうくらい腫れることもあります。それが不安な人は、施術後数日間は安静に自宅で過ごした方がいいかもしれません。この副作用はだんだんと和らいできます。徐々に腫れも引いて小顔効果を実感できるようになるはずです。

Copyright© 2018 魅力的な美容治療【ボトックスは副作用や危険性が極めて少ない】 All Rights Reserved.